1009

文法

そして先回の第5文型の続きです。

 

5文型は、「S+V+O+C」(主語+動詞+目的語+補語)の形をした文のことです。第4文型の直接目的語(O)が補語(C)に変わった文型で、O=Cの形になるのが特徴です。

第4文型と混乱する人がたまにいますが、第4文型はS+V+O+Oの文でO≠Oであったのに対し、第5文型はS+V+O+Cの文でO=Cです。

ちなみに、Let’s ~. や There is ~. の文も第5文型です。では、実際に第5文型の文を紹介していきます。

例文:
We call him Matcho.
(私たちは彼をマッチョと呼びます。)

どれだけ筋肉質なんでしょうか。ちなみに、 Matcho は英語ではありません。この場合は、彼のあだ名が Matcho です。ということは、

彼 ( him ) =マッチョ ( Matcho )

⇒  We call him Matcho.
S  V  O   C

ということになります。従って、O=C が成り立ちますので、これは第5文型という事がわかります。

では、次の例文です。

例文:
I named my dog Terminator.
(私はペットの犬にターミネーターと名づけました。)

⇒  I named my dog Terminator.
S  V   O     C

この最強の犬の文は、「ペットの犬 ( my dog )」 = 「ターミネーター ( Terminator )」ですので、O=Cが成り立ちます。よって、この文は第5文型です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です