yjimage-16

文法

そして先回の第4文型の続きです。

第四文型は、S V O1 O2 の形をとり、他の文型と違い目的語が二つあるのが特徴です。

それぞれの目的語は、動詞の種類にかかわらず、

目的語1:動作の対象(誰々に)

目的語2:内容(何々を)

を表します。

例えば、

I gave her a bunch of flower.

「私は彼女に花束をあげた」

では、

主語:私

動詞:あげる(あげた)

目的語1:彼女

目的語2:プレゼント

となります。この例では動詞に give を使いましたが、第四文型ではgiveに限らず一般的に以下のような訳し方になります。

“主語”は、 誰々に 何々を “動詞”する

これさえ理解しておけば、どんな動詞が来ても第四文型を訳すことができます。

第四文型でよく用いられる動詞
このように第四文型の動詞は、誰々 と 何々 の2つの目的語が伴うものになります。

例えば 以下のような動詞があります。

give (誰々に 何々を あげる)

tell (誰々に 何々を 教える)

show (誰々に 何々を 見せる)

send (誰々に 何々を 送る)

buy (誰々に 何々を 買ってあげる)

make (誰々に 何々を 作ってあげる)

第四文型で用いられる動詞は挙げるとキリがありませんが、要は第四文型になっていれば(すなわち目的語が二つあれば)、誰々に何々をxxxする んだと理解しておいてください。

第四文型から第三文型への書き換え
第四文型:I gave her a bunch of flower.

「私は彼女に花束をあげた」

の文を見て、

第三文型:I gave a buch of flower to her.

「私は彼女に花束をあげた」

って書けるじゃん?と思ったキミは鋭い!。そう、第四文型は第三文型(SVO)の文に書き換えることができます。

しかし少し注意してほしいことがあります。第三文型での前置詞は 動詞によって to か for かが決まります。

聞いたことがあるかもしれませんが、おさらいです。

一人でできる動作を表す動詞・・・for

相手がいないとできない動作を表す動詞・・・to

例えば、give は あげる のですから 受け取る相手が必ず必要ですよね。(相手がいなかったら それはただの一人芝居・・・)

一方、makeやbuyは受け取る相手がいなくても、作ったり買ったりすることは一人でできますよね?

第四文型から第三文型に書き換えるときは、この点を注意してくださいね。

まとめ
第四文型 SVOOは「誰々に 何々を xxxする」文章を作ります。

また第四文型から第三文型に書き換えることができますが、動詞の種類によって第三文型で使う前置詞が to か for になります。

 

このような特徴がある第4文型です。

http://www.eibunpou.net/01/chapter3/3_1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です