11133

完了時制

完了時制とは、現在・過去・未来のある時を基準にして、動作の完了・結果、経験、動作や状態の継続を表すもので、その基準となる時に応じて、現在完了時制、過去完了時制および未来完了時制の3種があります。それぞれの形は次の通りです。
1. 現在完了形:「have〔has〕+ 過去分詞」
2. 過去完了形:「had + 過去分詞」
3. 未来完了形:「will〔shall〕have + 過去分詞」

15-2-2 現在完了時制の用法

英文法を学ぶ際にとくに感ずる困難のひとつに現在完了時制があります。それは元来日本語の時制に関する観念が大まかで、現在・過去の区別が必ずしも明確でなく、まして現在完了的な観念がきわめて乏しいことに原因があるのかもしれません。たとえば、
1. 「私のおじは京都に住んでいます」
2. 「私のおじは去年から京都に住んでいます」
の2文で、日本語ではともに「住んでいます」と現在時制を用いていますが、英語では、
1 はMy uncle lives in Kyoto.
と、いま現在住んでいることに焦点をおいて現在時制を用い、
2 はMy uncle has lived in Kyoto since last year.
と去年から今まで(ずっと)住んでいるという意味で、過去(去年)から今に至るまで続いている状態を示す現在完了時制を用います。また、
3. 「昨夜はとても愉快でした」
4. 「今夜はとても愉快でした」
の2文で、日本語はともに「愉快でした」と過去時制を用いていますが、英語では、
3 はWe had a very good time last night.
と「昨夜」が明らかに過去を表しているので、動詞も過去時制を用いますが、
4 はWe have had a very good time tonight.
のように現在完了時制を用います。これは「今夜」がまだ終わっていない、あるいはまだ今夜の中であることに焦点が置かれているからです。
つまり、英語の現在完了時制はただ単に現在や過去のできごとを述べるのではなく、過去に起きたできごとの影響や結果が「現在」どうなっているのかを示すものです。言いかえれば、現在完了とは「過去とのつながりをもった現在」「過去を背負った現在」と言ってもよいでしょう。
英語の現在完了時制は、ふつう
1. 現在に至るまでの動作の完了
2. 過去の動作の結果生じた現在の状態
3. 現在に至るまでの経験
4. 現在に至るまでの状態の継続
の4つの用法を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です