yjimage-15

比較形の作り方

(b)

more、mostをつけるもの: 語尾が-ful、-less、-ive、-ing、-able、-ousなどの2音節語および3音節以上の語の場合
useful(有用な) more useful most useful
active(活動的な) more active most active
charming(魅惑的な) more charming most charming
famous(有名な) more famous most famous
difficult(困難な) more difficult most difficult
diligent(勤勉な) more diligent most diligent
[注1]
単音節の語でもlike(似ている)、real(真の)、strange(不思議な)、wrong(誤った)、right(正しい)などの語はふつうmore、mostをつけます。
[注2]
3音節以上の語でも、もともと-er、-estをつけるものに「否定接頭辞」をつけたものは、-er、-estをつけます。
unhappy(不幸な)、unpleasant(不愉快な)、incomplete(不完全な)など
[注3]
複合語については、一般に語の結合が緊密で1語のように感じられるものはその前にmore、mostをつけ、それほど緊密でないものは、-er、-estをつけます。
old-fashioned (流行おくれの) → more old-fashioned
up-to-date (現代風の、先端の) → most up-to-date
large-sized (サイズの大きい) → larger-sized
hard-working (勤勉な) → hardest-working
[注4]
最上級を表す-estのかわりに、接尾辞の-mostをつける語もあります。
easternmost〔westernmost、southernmost、northernmost〕
 (最も東方の〔最西の、最南の、最北の〕)
innermost(最も奥深い)、outermost(最も外部の)など

(2)
不規則的な比較変化
形容詞・副詞の中には不規則に変化するものもあれば、また1語で2通りの変化をするものもあります。
〔原  級〕
〔比較級〕
〔最上級〕
good
(よい)
(元気で、よく)
better
best
well
bad
(悪い)
(病気で)
worse
worst

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です