比較形の作り方

比較の語形変化には規則変化と不規則変化とがあります。

(1)
規則的な比較変化
(a)
-er、-estをつけるもの
1. ふつうの場合:語尾にそのまま-er、-estをつけます。
rich-richer-richest、  clever-cleverer-cleverest、
narrow-narrower-narrowest
2. 語尾が-eの場合:eを取って-er、-estをつけます。
fine-finer-finest、noble-nobler-noblest
3.
語尾が「短母音+単子音字」の場合:最後の子音字を重ねて-er、-estをつけます。
hot-hotter-hottest、thin-thinner-thinnestなど
4. 語尾が「子音字+y」の場合:yをiにかえて-er、-estをつけます。
pretty-prettier-prettiest、early-earlier-earliestなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です