ダウンロード (1)

今回は英語の語の種類のお話です。

英語の語はおもに8品詞あります。

英語では、文の構成要素としての語を文中における位置や働きによって

 

通常8種類に分け、それを8品詞と呼んでいます。
一般に8品詞には、名詞、代名詞、形容詞、副詞、動詞、前置詞、接続

詞、間投詞が含まれます。

名詞・代名詞
人や事物の名称を表す語を名詞といい、名詞の代わりに用いられる語を代名詞といいます。

Mr. Suzuki is an English teacher.

鈴木さんは英語の先生です。

He works for a construction company.

彼は建設会社で働いています。

では、Mr. Suzuki が名詞、Heが代名詞になります。

 

形容詞・副詞
名詞・代名詞を修飾する語を形容詞といいます。

動詞・形容詞および他の副詞を修飾する語を副詞といいます。
Many young people hope to go to university.
多くの若者は大学にいくもと望んでいる。
Women much works at office.
女性労働者はどんどん会社ではたらいている。

この文章では Many young のとても若いがpeopleを就職する形容詞となり、

much がworksを就職する副詞になります。

このような、名詞、形容詞、副詞の使われ方があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です