%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

副詞の位置

副詞はそれが修飾する語句に最も近いところに置かれるのが原則ですが、特定の語句や文体あるいは強勢などによって、置かれる位置に注意すべきものが少なくありません。

(1)
動詞を修飾する場合
(a)
自動詞を修飾する場合は、ふつうその直後に置きます。ただし、補語があるときは補語の後に置きます。
The machine began to move slowly. (機械はゆっくりと作動しはじめた)
I am very busy now. (私はいまとても忙しい)
(b)
他動詞を修飾する場合は、一般に目的語の次か、目的語が長いときは動詞と目的語の間に置きます。
He speaks English fluently. (彼は流暢に英語を話す)
He saw most clearly the importance of being earnest.
 (彼はまじめであることの重要さがはっきりとわかった)
[注]
ただし、目的語が短くても、副詞の語勢が弱いときは動詞の前に置くことがあります。
He briefly explained his meaning.
 (彼は手短かに自分の趣旨(考え)を説明した)
(c)
動詞が助動詞をもっている場合、助動詞が1つのときは副詞は助動詞と本動詞の間に、2つ以上助動詞を伴うときは副詞は第1助動詞と第2助動詞の間に置かれます。
You should always obey your parents.
 (両親の言うことにはいつも従うべきである)
It will easily be understood. (それは容易にわかるだろう)
[注1]
ただし、助動詞が2つ以上あっても、副詞が本動詞と特に密接な関係をもっていると考えられる場合は、本動詞の直前に置きます。
She will be heartily welcomed.(=She will be given a hearty welcome.)
 (彼女は心から(の)歓迎をうけるだろう)
[注2]
助動詞のあとを省略する場合には、副詞は主語の直後に置き、強めに発音します。
“Have you ever been to Chicago?” “No, I néver have.”
 (「シカゴに行ったことがある?」「いやぁ、一度もないんだ」)
“Say hello from me to your father.” “I cértainly will, thank you.”
 (「お父さんによろしく」「かしこまりました、どうも」)
(d)
度数・頻度を表す副詞はふつう動詞(自動詞・他動詞を問わず)の前に置かれます。
I usually play golf on Sunday. (私は日曜日には大ていゴルフをする)
He never comes on time. (彼は決して時間通りには来ない)
[注]
ただし、be動詞や助動詞があるときはその後におかれます。
He is always complaining. (彼はいつも不平を言っている)
I have never seen such a wonderful robot.
 (こんなすばらしいロボットは今までに見たことがない)
(e)
他動詞と密接に結びついて用いられる副詞(on、off、up、down、out、inなど)は、動詞の目的語が名詞ならばその名詞の前または後に置き、目的語が代名詞ならばその代名詞の後に置きます。
He put on his shoes.(=He put his shoes on.) (彼は靴をはいた)
He put them on. (彼はそれをはいた)〔・・・on themとはいわない〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です