20173

形容詞の種類

副詞としての使い方には次のようなものがあります。
修飾する形容詞・副詞・動詞および形容詞的名詞の後に置きます。
He was kind enough to show me the way to the hospital.
(彼は親切にも病院へ行く道を案内してくれた)
You know well enough what I mean.
(私の気持ちはあなたもよくわかっているはずだ)
I was fool (=foolish) enough to say such a thing.
(私は愚かにもそんなことを言ってしまった)
3.
名詞として
We have more than enough. (我々は十二分に持っている)
We have had enough of everything.  (何もかも十分いただきました)
(d)
no
noは数・量・程度いずれにも用いられ、否定文を作ります。副詞としても用いられますが、名詞としては「noという語」「否定」「拒絶」などの意味を表します。
(例 : Two noes make a yes. 2つの否定(否定の否定)は肯定)
なお独立形としてのnoneは「誰も(何も)~ない」という意味を表しますが、その用法については、すでに述べた「代名詞」の項を参照してください。
1.
「少しも、何も、だれも~ない」の意味として
There is no room for you. (君のはいる余地はない)
2.
「~どころではない」「むしろ~だ」の意味として
noはbe動詞の補語を修飾したり、「形容詞+名詞」の前に置かれたときには強い否定を表します。
I am no match for him. (彼にはとてもかなわない)
It made no small (=rather a large) difference.
(それは小さいどころか、非常な差をもたらした)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です