20171

形容詞の種類

(2)
数量形容詞
数量形容詞には、many、muchのように不定の数量を表すものと、one、firstのように確定した数量を表すものとがあります。
不定の数量を表す数量形容詞には、1.複数普通名詞に付いて不定の数を表すものと、2.物質名詞または抽象名詞に付いて不定の量や程度を表すものとがあります。

1.   数 many (a) few
enough、no
(some、any、all)
2. 量・程度 much (a) little

(a)
many、much
manyは数の多いことを表し、muchは量・程度の多いことを表します。したがって、manyはそのあとに複数形の普通名詞を伴い、muchはそのあとに単数形の物質名詞・抽象名詞を伴います。
Many people die of cancer. (がんで死ぬ人が多い)
Much money was wasted. (多くの金が浪費された)
Many of them were tired. (彼等の多くは疲れていた)
Much of what you say is true. (君の言うことは多くは真実だ)
The many work for the few. (大衆が少数の者のために働く)
Do you have much to do? (君はやる事はたくさんあるのか)
[注1]
many、muchがnotとともに用いられるときは、「あまり~ない」の意味になります。
I don’t drink much wine. (私はワインはあまり飲まない)
[注2]
many、muchの類語
many =a good〔great〕many、many a(+単数)、
a large〔great〕number of、numbers of
a lot of
lots of
plenty of
much =a good〔great〕deal of、
a large〔great〕amount of
1.
a lot of〔lots of、plenty of〕はmany、muchのどちらのかわりにも用いられます。ただし否定文ではmany、muchは使えますがa lot ofは使えません。
2.
many aは意味は複数を表していますが、形が単数形になっているため単数として扱われます。これは「many+複数形」の言い方よりも意味の強い文語的・詩的表現で、ふつう口語では用いられません。
Many a man has failed.(=Many men have failed.)
(失敗した人も数多い)
Many a time(=Many times)have I(=I have)advised him in vain.
(幾度となく彼に忠告してみたが無駄だった)(倒置)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です