yjimage

冠詞の省略 家族の成員など

冠詞の省略は省略されることもあります。

(1)
家族の成員やそれに準ずる親しい間柄を表す場合
たとえばfather、mother、brother、sister、baby、uncle、aunt、cook(料理人)、nurse(乳母)などで、固有名詞のような扱いになります。
Mother and Father were waiting for me to come home.
(母も父も私が帰宅するのを待っていてくれた)
Nurse will take you out. (ばあやが連れ出してくれるよ)
[注]
上例のFatherのように文の途中であっても大文字で書くことが多いのですが、他人に対してはmy (our) fatherのように言う方がよいです。

(2)
呼びかけの場合
May I help you, madam?
(〔店員が婦人客に向かって〕ご用をお伺いいたしましょうか)
I am glad you could come, old fellow. (よく来てくれたね、君)

(3)
官職や身分・地位・資格などを表す場合
(a)
一つしかない官職・地位を表す名詞が、不完全動詞の補語として叙述的に用いられる場合
They made him chairman of the committee.
(彼らは彼を委員長に任命した)
He was elected Governor of Chiba Prefecture.
(彼は千葉県知事に選ばれた)
ただし何人でもなり得るものには一般に冠詞を入れます。
After that, he became a reporter for the Times.
(その後彼は「タイムズ」紙の (一) 通信員になった)
(b)
人名の前・後に、官職・地位を表す名詞や同格関係を表す名詞が用いられる場合
U.S. President Bush (ブッシュ米大統領)
French Premier Chirac (シラク仏首相)
Victoria, Queen of England (英国女王ヴィクトリア)
Darwin, author of the “Origin of Species” (「種の起源」の著者ダーウィン)
Mr. Yamada, president of ABC Bank (ABC銀行の頭取山田氏)
(c)
as(~の資格で)の目的語として用いられる場合
He was in attendance with me as interpreter.
(彼は通訳として私と同席していた)
ただしasが「~として考えれば」の意味のときは不定冠詞をつけます。
He has no equal as an interpreter.
(通訳として彼に比肩するものはいない)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です