yjimage

Be 動詞 否定文

be動詞を使う文章の否定文があります。

意味は、~ではないとなります。

簡単にいうと、 not(ノット) を付けることになります。

たとえば次のようになります。

I am not a teacher.

私は先生ではありません。

この日本語ではbe動詞にあたる言葉がないように思えますが、一つの文章を書く場合には、英語では必ず動詞となる言葉が必要です。

先に例を挙げた I am a teacher. に not を付けた形になります。

 

場所は、Be動詞のすぐ後ろです。

 

たとえば以下のような例も同じです。

Mr Suzuki is not a teacher.

They are not teachers.

He is not a teacher.

be動詞と not をくっつけた短縮形(たんしゅくけい)というのもあります。

is not = isn’t  are not = aren’t  was not = wasn’t
were not = weren’t

しかし、am not の短縮形のような amn’t なんていうのはありません!

○ Mr. Suzuki isn’t a teacher.

○ They aren’t teachers.

○ He isn’t a teacher.

× I amn’t teacher.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です