%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

文法 名詞 名詞の数

先回からの名詞の続きです。

名詞の数

日本語は数の観念が大まかで、名詞の単数・複数は、「先生方」、「山々」、「子どもたち」のように接尾語をそえたり、文脈によって判断することが多いのですが、英語においては、まず名詞そのものについて「数えられる名詞」、「数えられない名詞」の区別があります。また、単・複の使い分けがきびしく、複数形のつくり方も複雑であるばかりでなく、単・複によって意味が異なってくる場合があります。我々日本人にとって、英語の数の観念はなかなか理解しにくいものの一つと言えます。以下その大略をまとめてみましょう。

(1) 複数形のつくり方
複数の形には規則的なものと、不規則的なものとがあります。
(a) 規則的複数
1. 語尾にsをそえる場合 ―― 発音は〔s〕、〔z〕の二通りあります。
books、caps、months、rackets / apples、dogs、hands、picturesなど
2. 語尾にesをそえる場合 ―― 語尾が〔、、、、、〕の発音(つづり字では-s、
-z、-sh、-(t)ch、(d)ge、-xなど)で終わる場合で、発音は〔iz〕。
kisses、dishes、benches、boxesなど
[注1]
語尾が発音しない文字(黙字)のeで終わっている単語は、ただ-sをつけます。
bridge〔〕→ bridges〔〕
house〔haus〕→ houses〔huziz〕(発音は〔s〕が〔z〕に変わることに注意)
[注2]
語尾のつづりが-chで終わっていても、発音が〔k〕の場合は単に-sをつけます。
monarchs(君主)、stomachs〔stmks〕(胃)
3. 語尾がyで終わる場合
・「子音字+y」で終わる語は、yをiにかえて、-esをつけます。
city → cities、country → countriesなど
・「母音字+y」で終わる語はyをそのままにして-sをつけます。
boys、chimneys(えんとつ)、keys、monkeysなど
・人名の場合はつづり字に関係なく-sをつけます。
Mary → Marys、Henry → Henrys、Grey → Greysなど
4. 語尾がfまたはfeで終わる場合
・f、feをvesにかえ、〔-vz〕と発音するもの
half → halves、knife → knives、leaf → leaves、life → livesなど
・そのまま-sをつけるもの
chiefs、beliefs、griefsなど
・-vesと-fsの両形があるもの
scarf(スカーフ) → scarfs    wharf(波止場) → wharfs
scarves wharves

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です