yjimage

Be 動詞

そしてBe 動詞の訳し方としては、ですやますという意味となりますが、、、、だ。というような意味ともなります。

私は先生だ。

鈴木さんは先生だ。

というような意味です。

たとえは

He is Mr. Suzuki.

かれは鈴木さんだ。というようになります。

もしここに一般動詞がはいれば

I go to the school.

私は学校へ行くというようになります。

そしてちゅういしなければならないのは、

つまり 私≠ヒロキ ですから、be動詞は使わないと考えます。(あくまでも基本です)

したがって次のようになります。

○ I like a dog.

× I am like a dog.

 

動詞の部分に使う言葉は like(love)で、もちろんこれは一般動詞です。

ここで、is am are を「~です」と覚えていると誤解して2つの動詞を同時に使ってしまうかもしれませんが、

Be 動詞と一般動詞の現在刑を並べてつかうことはありませんので注意しましょう。

例外として、be動詞と一般動詞を同時に使う場合もあるのですが、それは進行形や受動態などの場合であって、その時には、

一般動詞を原形のまま使うことはできないのです。

まずbe動詞の仲間(変化したもの・変化形)を覚えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です