20173

文法 名詞 物質名詞など

先回からの名詞の続きです。

(4) 物質名詞
物質名詞とは、液体、気体、製品の原料、食料品、天然現象など、具体的ではあっても、一定の形を備えていないものを指します。物質名詞を類別すると次の通りです。
液   体 : water、milk、tea、coffee、wineなど
気   体 : air、gas、oxygen(酸素)、hydrogen(水素)など
原   料 : wood、glass、brick(れんが)、iron、goldなど
食   料 : sugar、salt、bread、butter、cheeseなど
天然現象 : rain、snow、frost(霜)など
物質名詞は量的なものを表す名詞なので、原則として、不定冠詞をとることもなく、また複数形をとることもありません。物質名詞の数量は次のように表します。
1. 単数形にsome、any、little(少ししかない)、a little(少しはある)、muchまたはa lot of(たくさん)、plenty of(たくさん)、a great〔=good〕deal of(たくさん)などを添えて分量を示すもの(ただし、many、few、a fewは用いません)。
We have had too much rain this summer. (この夏は雨が多すぎた)
Do you have any money with you? (お金の持ちあわせがありますか)
2. 計量や単位を表す普通名詞(計量名詞)+of+物質名詞(単数)の形で示すもの。複数を表したいときは、容器や単位などを表す普通名詞を複数形にして用います。
a cup of tea (紅茶1杯)
a bottle of whisky (1本のウイスキー)
two cups of milk (ミルク2杯)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です